虫歯は移る!?

子育てテクニック
スポンサーリンク

虫歯は移るの?結論!

結論から言うと、虫歯は移ります!!

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌はいません。虫歯菌がお母さんやお父さんなどの身近な大人から移ってしまう。これを「母子感染」と言います。

親御さんが子供の歯の予防意識をしっかり持つことが、一生のお口の健康につながるのです。

ピケピ
ピケピ

正直自分は虫歯がいっぱいで、歯には自信がありません。子供にはそうなって欲しくないので、しっかりと予防はしたいと思っています。

母子感染とは?感染させないために出来ることは?

感染する可能性のある行動

  • 愛情表現のキスをする
  • コップやおはしなどの食器の共有
  • 大人が噛んだものを与える

「噛んだものを与える」はあまりないかもしれませんが、

(イメージ図)

食器を共有するのは普通にやりますし、キスだってしちゃうことだってありますよね!

「感染の窓」と言われる1歳7か月~2歳7か月までの間は、お子さんのお口にチューはしないようにしましょう。
とにかく可能性のある行動に注意するほか、普段から自分の虫歯菌を減らしておくことが大切です。お父さんお母さんは大切なお子さんのために、虫歯があったらきちんと歯科治療を受け、虫歯ゼロの状態にしましょう。

子供の虫歯 予防ポイント

子供の虫歯の予防ポイントは以下の通りです。

  • 規則正しい食生活をする
  • フッ素を使う
  • 定期検診に行く
  • キシリトールを使う
  • 甘いもの、砂糖を控える

子供の虫歯 治療

少し前までは、虫歯の治療 = 削って詰める でしたが、この頃は国際歯科連盟(世界の歯科医師会)が提唱した、MI(ミニマルインターベンション)という考え方が、世界の虫歯治療の常識となりつつあります。

従来の虫歯治療は、歯を大きく削って銀歯をかぶせることで、いかに銀歯を外れないようにするかに重点を置いていました。これは歯の寿命を短くしてしまうことから、虫歯治療ではなるべく歯を削らないようにしようというのがMIの概念です。技術進歩により、歯を大きく削らなくても、つめ物が外れることはなくなったことから可能となりました。

まとめ

削られるのが嫌で歯医者に行かないと、虫歯は進行してしまいます。虫歯は他の病気と違って、完全に回復しない病気です。削ったら人工物で詰めるしかないのです。

できる限り自分の歯を残し、異常があったらすぐに歯医者に行くようにしましょう。削らずに治療をするといった、医療の発達の恩恵を預かれるかもしれません!

ピケピ
ピケピ

パパママも定期健診に行ってみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました