想像をはるかに超えた子供との生活

ストレス発散
ピケピ
ピケピ

初めまして、ピケピ(@papa_pkp)と申します!

今回は、子供が生まれる前と生まれた後の心境の変化について書いていきたいと思います。

子育てはママに任せるのではなく、パパもやった方が絶対楽しい!

スポンサーリンク

0歳の子育ては壮絶!

0歳の子育ては壮絶です!全然寝られないからです!

子供ができる前「2時間起きに赤ちゃんが起きる」というのは聞いたことがありました。

まぁ2時間寝られれば大丈夫♪

なんて思っていましたが、うちの場合は2時間も寝られませんでした!笑

「2時間起きに赤ちゃんが起きる」というのはおおむね間違ってはいないかなぁと思いましたが、1時間の時だってあるし、15分の時もあります。

ピケピ
ピケピ

不定期に鳴り響く目覚まし時計がある、と想像してもらうとイメージ湧きやすいかも!

そして、赤ちゃんが泣いて起きると寝かしつけをしなければなりません。

目覚まし時計であれば、ボタンを押せば止まりますが、赤ちゃんは止まりません

抱っこするんです。寝るまで抱っこします。5分?10分?いや、1時間経っても寝ない時だってあります。30分抱っこして寝てくれて、布団に置こうとした時に起きてしまうことだってあります。

と、このような赤ちゃんとの闘いを夜中ずーーーーっと繰り返します笑

全体のスケジュールはこんな感じ!

子供のかわいさが尋常じゃない!

自分の子供ができる前、先輩や友達の子供と遊ぶ機会があって、その時子供のレベルに合わせて遊び自分に恥ずかしさを感じたりして、うまく遊べないなぁと感じたことがありました。

恥ずかしさ無しでうまく遊べている友達を見ると、「子供が好き」って言うのもレベルがあって、自分はそこまで高いレベルで子供のこと好きではないんかなぁと感じていました。

ですが、自分の子供ができた今、子供と同じレベルで遊んでいます。恥ずかしいと感じていた気持ちは、子供のかわいさによって吹き飛ばされました

気づかぬうちに自分の限界を超えてしまうほど、子供の「かわいい」が勝ってしまうとは思ってもいなかったです。

かわいいから遊びたい、遊んであげたい、笑わせたい、と思うと子供のレベルに合わせるかそれよりも下のレベルで遊びます

「好き」「愛してる」とは違う感情が芽生えた!

子供のことを思う気持ちって、「好き」とか「愛してる」って言葉では言い表せない感情だと感じました。

あえて言葉にすると「愛おしい」が近いかなぁ。好きはあれもこれも好きって言える感じで違うし、愛してるは大人の雰囲気があって違うし、世界に1つだけ、めちゃくちゃ大事、かけがえのないもの、自分そのものみたいな感覚で愛おしいが一番しっくりくるかなぁと。でも完璧にはしっくり来てもいないんです。自分のことを愛おしいって思う気持ちってなんだか違う。その違うに似た気持ちがするんですよね。

まぁとにかく言葉では表せないけど、不思議な感情でとにかく胸がキューっとなるほど大事なんです!!もっとちゃんと伝えたいですがワタシにはこれが限界みたいです笑

与える喜びを知った!

子供が生まれる前は、自分が物をもらうことに喜びを感じていましたが、子供に与える時にいままでの喜びを超える喜びを知りました。

具体的にはクリスマスにプレゼントをあげた時、子供がそれはもう大喜びしたんです。その姿を見て、子供以上の嬉しさをワタシは感じたんです。そんなに純粋な気持ちで喜ぶ!?2,000円くらいだよ!?なんて気持ちもありつつ、嬉しさで涙が出そうになりました。クリスマスって、子供のためでもありますが、パパママにとっても楽しい行事。だから今までずーっと続いているんだなぁと思いました。

そして、ここに宣言します!娘20歳になるまでクリスマスプレゼントあげ続けます!!笑

まとめ

パパになってみないとわからない部分が多くありますが、子供との生活って楽しいです!

そして大きくなったら親元を巣立ってしまうと考えると、もう全力で遊びきらないと絶対後悔します。

今日も明日も全力で遊びまーーーす!!!!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました