子供がチョコレートを食べれるようになるのはいつから?

子育てに潜む危険

幼少期にはあまりチョコレートを与えない方が良いです。

その理由は?

・ポリフェノールを多く含むため、抗酸化作用がとても高い

・糖分・脂肪分が多く含まれるため、多く摂ると食欲不振になったり、偏食になったりすることも

・食べカスが口腔内に残りやすく、放置すると虫歯になってしまいがち

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いつから上げても大丈夫か?

その他あげない方が良いものは?

チョコレートは何歳から子供にあげる?飴・ケーキ・グミはいつから?
チョコレートは何歳から子供にあげてOK? お菓子の中でも、チョコレートや飴・アイス・グミ・キャラメル・ガム・ケーキ・生クリーム・ココアなどは、幼児には何歳から与えていいか悩ましいですよね。これらのお菓子を何歳から食べさせていいかの目安についてまとめました。

はちみつ

はちみつは赤ちゃんにはNG

はちみつ、蜂蜜が入ったお菓子は何歳から?

1才半ごろからボツリヌス菌を体内処理できるので、はちみつを食べることができるようになりますが、それまでははちみつを加熱したものであっても食べてはいけません。

うちもチョコレートはあげないようにしていましたが、完全にあげないのはそこそこ難しいと思います。

親戚と一緒にお祭りに行った際に、親戚のお姉さんがチョコバナナを買ってくれて食べているのを見て、あぁぁぁぁぁとなったのを覚えています。

まぁ、

チョコレートは何歳から?赤ちゃんや幼児がダメな理由と代わりの物は?
チョコレートはいつから子供に食べさせていいか知っていますか?専門家が推奨する年齢、赤ちゃんや幼児がダメな5つの理由、食べてしまった場合の対処法、子供向けのチョコの代わりになる食材をご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました