【知らなきゃ損!】子育て支援パスポートとは?無料託児や各種割引サービスがたくさん!

知らなきゃ損する制度
ピケピ
ピケピ

初めまして、ピケピ(@papa_pkp)と申します!

子育て支援パスポート、ご存じでしょうか?

内閣府が少子対策啓発を目的として、地域全体で子育てを支援するために作られたサービスです。

地域と協力し、子育て世帯が現在居住する地域(都道府県)に加え、全国の他地域でもサービスが受けられるよう強化しています。

実際どんなサービスが受けられるのか、対象やサービス、パスポートの取得方法等を紹介していきます!

私たちが払った税金で作られている制度使い倒していきましょう!

子育て支援パスポートとは?

各都道府県での対応を実施しており、東京では「子育て応援とうきょうパスポート 」といいます。

対象者は?

18歳未満」のお子様や妊娠中の方がいる世帯をサポートします。

もともとは「中学生以下」でしたが、制度がリニューアルされ「18歳未満」となりました。

どんなことができるの?

  • 粉ミルクのお湯の提供
  • 授乳スペースの提供
  • おむつ替えスペースの提供
  • キッズスペースの提供
  • 商品の割引 等
ピケピ
ピケピ

パスポートを提示すると「保育士による託児が無料!」とか整体の中の「キッズスペース(おもちゃやDVDあり)を自由に利用可能!」とかあって、意外なお店や病院でサポートを受けられるという発見がありました!

あと、マックのハッピーセットが特別価格で購入できたり、親子カットが通常4,500円が3,500円で受けれたりと、割引も盛りだくさんでした!

ダウンロードするには?

こちらからダウンロードできます。

(東京都)子育て応援とうきょうパスポートアプリ

実際に使ってみた

アプリをダウンロードして、起動した時の画面がこちら

使える機能はたくさんありますが、自分の家の周りで子育て支援をしてくれるお店や場所がどれくらいあるのかを地図で検索ができるこの機能はとても便利だと思いました。

協賛店がとっても多いんですね!

子供の体調が悪くなった時にどこに行けばいいのか、どこでサポートを受けられるのかを把握することができます。

パスポートを取得、入手するには?

パスポートの取得はとっても簡単

マイページ」をタップして、「パスポートを表示」とするだけ!

各地域で子育て支援の仕組みが違う

子育て支援パスポート」に + 「お住まいの地域名」を入れることで、各地域で行っている支援情報が確認できます。

意外とお得な情報が眠っていたりするので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回まとめた事業は、政府がやっていることです。要は、私たちの税金で作られた仕組みです。

みなさんには使う権利があって、使わないと損!

こういった制度をどんどん使ってお得に生活していきましょう!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました