【家庭菜園の最強サイクル考えてみた】1年を通して種まき~収穫の時期を考えて尽くしてみました

家庭菜園
ピケピ
ピケピ

はじめまして、ピケピと申します!

小さなベランダで家庭菜園をやっていますが、プランターの数も限られているので、そこまでたくさんの野菜を育てることができません。

この限られたスペースの中で、いかに効率良く、いかに多くの野菜が取れるかをじっくりしっかり考えてみました。

1年を通して、この時期にはこれを植える、これを撤収させる、の1年のサイクルを考えていきます。

夏休みの自由研究みたいですね!土にも防虫用品にも肥料にもお金がかかるので、それの元を取りたい!と考え始めたのがきっかけで記事にしてみました!同じように思っている方に少しでも役立つ情報があればうれしいです。

それではスタートです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

環境

プランターはそこそこ大きめの28Lを使用します。これを4つ用意することで、無駄のない家庭菜園サイクルが回せる設計です!

作る野菜

作る野菜は以下の通り

  • トマト
  • 枝豆
  • ピーマン
  • ナス
  • オクラ
  • サニーレタス
  • じゃがいも
  • イチゴ
  • ほうれん草

の計9種類です。

1年のサイクル

文字で書くと長くなるので図で示します。

ピケピ
ピケピ

この記事の思いはすべてこの図に詰まっています!(調べるのにすごい時間かかった!)

前提

基本的には苗を買って来て植える土は再利用しないで買うことを前提としています。それによって、連鎖障害や土の再生技術を持たない状態でも、美味しい野菜、果物を食べよう!という魂胆です。

ポイント

ポイント① 無駄が無い!

できる限り空白の時間を無くせるよう、びっちりなスケジュールを組んでみました。

ポイント② 子供と楽しむ!

子供と一緒に楽しめるよう、イチゴを多めにしています。

ポイント③ ビールが好きなので枝豆必須!

ビールが好きなので、枝豆も多めです♪

その他

丈の高くなるきゅうりなどの野菜は入れていません。最高でもトマトで130cmくらいです。防虫ネットの高さに限界がくるので、そこを意識して組んでいます。

また、この他にも小さなプランターがあるので、そっちで大葉やパクチー、バジル等の葉っぱ系の野菜も同時に進行させていきたいと考えています。

まとめ

完全に自分の中の家庭菜園プランの記事になってしまいました。すみません!

どこかみなさまの役に立つ情報があればいいのですが、、

このコロナ過の状況で少しでも楽しいことを見つけていきましょう!!

まだ今のところ計画でしかないので、これを実践してどんどんアップデートしていきたいと思います。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました