【ふるさと納税】申請方法は去年より楽になったのか?

ふるさと納税
ピケピ
ピケピ

初めまして、ピケピ(@papa_pkp)と申します!

ふるさと納税みなさんやりましたか?

1/10まで申請書類を寄付した自治体に返送しなければいけません

このめんどくささを乗り越えるのがふるさと納税やるうえで一番高い壁です。

手続きの方法、よくわからない部分のみを集めた記事はこちら。

ということで、ワタシは申請を済ませたので、去年と比べて手続きは楽になったのか、また今回は何を選んだのかを紹介していきたいと思います!

申請の中で一番めんどくさいのは?

絶対これ!マイナンバーカードと免許証を印刷して貼り付ける作業

家にプリンターが無い場合はコンビニで印刷ができます。

この印刷して貼り付ける作業は、自治体によってはインターネット経由で完結することができることもあります

申請書にQRコードが書かれていて、オンライン申請ができる自治体に限ってです。

今回私は以下の5自治体に寄付をしましたが、結果はこの通り。

自治体オンライン申請
大阪府泉佐野市
宮崎県都農町
熊本県水上村×
岩手県花巻市×
北海道弟子屈町×

という結果で3/5はオンライン申請ができませんでした!

なので、コンビニでマイナンバーと免許証のコピー(印刷)をして、切って、貼ってを3回やりました。。。

めんどくせぇぇぇー!!!

ちなみにオンライン申請ならスマホで完結します

こんな感じ↓

①申請書に記載されたQRコードを読み取って、[次へ]

②「マイナンバーか通知カード」と「免許証(本院確認書類)」をアップロード

③[申請する]

④以上!!

ピケピ
ピケピ

全部オンライン申請ができるようになって欲しいです!

封筒や切手の用意はいらなかった!

申請書類を送付する際、大体は送られてきた書類の中に返信用封筒が入っているので、別途封筒や切手を用意する必要がありません

ただ去年の自治体では、返信用封筒が入っていないところもありました。。。

返信用封筒入っていないとめんどくささがまたアップします。

ですが、今回は全自治体で返信用封筒が入っていたので去年よりは楽になりました!

ふるさと納税2021年 実際に選んだ商品はこれだ!

別記事でまとめました!

ログイン ‹ 子育てパパの気持ち — WordPress

今年届くのが楽しみですね~🎵

まとめ

申請もオンラインでやらせてくれ。

毎年思うことですが、まだそこまでIT化が進まないんですね。。

封筒送るってことは誰かが空けて確認してっていう中々メンドクサイ作業をやっているということ。

やろうと思えばできるけどきっとそこには経費がなかったりでいろいろとしがらみがあるのでしょう。

まぁ、数万円の恩恵を受けられるふるさと納税ぜひみなさまも一緒にやりましょう!

ふるさと納税ちゃんとできたかの確認方法についてはこちらでまとめていますので、合わせてご確認お願いします!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました