子育て界隈を賑わす「てぃ先生」って?保育園はどこなのか?経歴は?いろいろ調べてみた!

子育てテクニック
ピケピ
ピケピ

初めまして、ピケピ(@papa_pkp)と申します!

子育てに関する情報をたくさん発信している「てぃ先生

この頃テレビでもよく見るようになったなぁ~と感じている方も多いのではないでしょうか。

そんな「てぃ先生」のことをこまかーく調べてみましたので紹介していきたいと思います!

てぃ先生とは?

まずはてぃ先生のプロフィールから

てぃ先生(読み方はT先生)

  • 本名: くらつ たかひろ
  • 生年月日: 1987年2月8日
  • 出身地: 千葉県
  • 居住地: 東京都
  • 職業: 保育士、ユーチューバー、執筆家、コンサルタント

年齢は今年35歳

幼稚園の先生ということで子供に関する知識が豊富で、たくさんの子育て情報を発信されています。

ピケピ
ピケピ

イケメンじゃね?SKY-HIに似てない?とか動画見る感じだと、さかなくんみたいなテンション!とか良い意味でいろいろ気になりますね!

経歴は?

てぃ先生の経歴について調べてみました。

  • 高校2年生の時に保育士になることを決意
  • 20才で保育士として働き始める
  • 初めての就職先は求人票で一番給料良い園だった。
  • 職場環境が悪く1年で転職
  • 保育園を3回転職し、現在の園は4つ目。
  • 26才の時にTwitterで発信を始める

最初の保育園は求人票で給料の一番良いところに決めたそうですが、職場環境が悪く1年で転職されています。

その後3回の転職をし、現在は4つ目の園で活躍しているそうです。

メディアへの露出も多くなっているため、クラスをもつようなポジションにはいないと思われますが、こんなやさしい先生のいる保育園なら、ぜひ子供を預けてみたい!となりますよね!

文部科学省の「#知る専応援サポーター」にも就任され、信頼度も高そうです!

家族構成について

家族構成についても情報がありました!

てぃ先生の家族構成がこちら。

  • 父親
  • 母親
  • 妹(2歳年下)

両親と2歳年下の妹の4人家族で育っていおり、両親は共働きだったため、妹と遊ぶことが多かったそうです。

どこの保育園?

現役の保育園の先生ということで、実際にどこの保育園なのか気になりますよね!

調べてみましたが「東京都の保育園」という情報までしかわかりませんでした。

これだけ人気になっているので、保育園が特定されると問い合わせが殺到してしまうので、公表していないのでしょう。

ピケピ
ピケピ

セキュリティがしっかりしていて良い!

なごころ保育園とてぃ先生の関係!?

なごころ保育園にてぃ先生がいるという情報もありましたが、それは間違いです。

なごころ保育園はてぃ先生が監修をした保育園、で実際にそこにいるわけではありません。

実際にてぃ先生がいるわけではありませんが、てぃ先生の思いが詰まった保育園だと言えるでしょう。

またこちらは認可外保育園となります。できれば認可保育園に通わせたい。と思うのが親の気持ちではないでしょうか。どちらが良い悪いではなく、両方に良いところがあり、両方に悪いところもあります。

「てぃ先生が監修しているなら認可外でもいい!」みたいな意見もちらほらある中で、その地域特有のルールを定めていて、子供も親も、先生方にとっても良いルールになっているのではないかと思います。

SNS

YouTube

2022年6月時点で登録者数67.8万人!!

凄まじい人気ですね!

てぃ先生

Instagram

てぃ先生@tsenseidayo

Twitter

てぃ先生@_HappyBoy

書籍

保育士・幼稚園教諭資格部門 楽天ブックスランキング1位になっています!!すげー!

子どもに伝わるスゴ技大全 カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ! [ てぃ先生 ]

そして2位もまたてぃ先生の

子どもが伸びるスゴ技大全 カリスマ保育士てぃ先生の子育て〇×図鑑 [ てぃ先生 ]

ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか。 [ てぃ先生 ]

おススメ動画

Youtebeで個人的におススメの動画を紹介させてください!

なるほど、、自分もそうやってしまっていたなぁと感じる動画

子どもに聞く「自分がされたらどう思う?」は効果なし!?もっと響く言葉

パパに向けられた動画

パパへ

文科省とコラボした時のYoutube

【#知る専 インタビュー】カリスマ保育士 専門学校を語る!

まとめ

子育てパパとしても日々勉強、てぃ先生のように子育てに関する情報を発信しているのはとても貴重です。

ワタシも子育てパパとして、良質な情報を発信できるよう頑張らないといけないと思いました。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

【てぃ先生の関連書籍】

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました